バナー画像

ご利用のパソコンにJavaがインストールされているのか、どのバージョンが設定されているのかを確認したいことは珍しくありません。

本記事では、Javaのバージョンを確認する方法についてLinuxやMacで使用することの多いコマンド操作を掲載しながらご紹介していきます。

Javaのバージョンを確認するためのコマンド


Javaのバージョンを確認したい場合「java -version」コマンドを実行することで確認することが出来ます。

Javaがインストールされている場合

まずはJavaがインストールされているケースの一例を確認してみます。

java -version
openjdk version "17.0.1" 2021-10-19
OpenJDK Runtime Environment Temurin-17.0.1+12 (build 17.0.1+12)
OpenJDK 64-Bit Server VM Temurin-17.0.1+12 (build 17.0.1+12, mixed mode, sharing)

サンプルの場合、「17.0.1」のバージョンがインストールされていることが確認出来ます。

複数バージョンの確認

上述した方法では現在使用することになっているJavaのバージョンを確認出来ましたが、実はJavaは同じコンピューターに複数バージョンを保持することが可能です。

インストールされている複数のJava(JDK)を確認したい場合には、下記コマンドを実行します。

$ /usr/libexec/java_home -V

実行すると下記のようにインストールされているJDKのバージョンが表示されます。

Matching Java Virtual Machines (1):
    17.0.1 (x86_64) "Eclipse Temurin" - "Eclipse Temurin 17" /Library/Java/JavaVirtualMachines/temurin-17.jdk/Contents/Home
/Library/Java/JavaVirtualMachines/temurin-17.jdk/Contents/Home
ポテパンダの一言メモ

今回は1つのJDKしかインストールされていなかったため「Matching Java Virtual Machines (1)」と表示されていますが、複数バージョンが存在する場合カッコ内の数値が変わり、バージョン情報が表示されます。

Javaがインストールされていない場合

次にJavaがインストールされていない場合の表示についても確認しておきましょう。

インストールされているJDKを次のコマンドで削除しておきます。

sudo rm -rf /Library/Java/JavaVirtualMachines/temurin-17.jdk/Contents/Home

再度Javaのバージョンを確認してみます。

$ java --version           
The operation couldn’t be completed. Unable to locate a Java Runtime.
Please visit http://www.java.com for information on installing Java.

このようにJavaがインストールされていない場合、Javaをインストールするように促すメッセージが表示されています。

ちなみにJDKの確認コマンドを実行した結果が下記です。

$ /usr/libexec/java_home -V
The operation couldn’t be completed. Unable to locate a Java Runtime.
Please visit http://www.java.com for information on installing Java.

同じようにJavaがインストールされていないことが分かります。

Javaのバージョンを切り替えて確認してみよう


上述したようにご利用のパソコンに2つ以上のJavaのバージョンをインストールすることが可能です。

ここからは2つ以上のJavaバージョンを切り替えて、どのJavaバージョンを利用する設定となっているのか確認する方法についてご紹介していきます。

現在の設定を確認

まずは現在インストールされているJavaバージョンを上述した方法で確認してみます。

$ /usr/libexec/java_home -V          
Matching Java Virtual Machines (2):
    17.0.1 (arm64) "Oracle Corporation" - "Java SE 17.0.1" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-17.0.1.jdk/Contents/Home
    16.0.1 (x86_64) "Oracle Corporation" - "OpenJDK 16.0.1" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-16.0.1.jdk/Contents/Home
/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-17.0.1.jdk/Contents/Home

2つのバージョンのJavaがインストールされている状態が確認出来ます。

では現在利用することになっているJavaがどちらか確認するために下記コマンドを実行してみましょう。

$ java -version
java version "17.0.1" 2021-10-19 LTS
Java(TM) SE Runtime Environment (build 17.0.1+12-LTS-39)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 17.0.1+12-LTS-39, mixed mode, sharing)

現在は「17.0.1」のバージョンが利用される設定となっています。

バージョン切り替え

ではもう1つのJDKにバージョンを切り替えるため、下記コマンドを実施します。

export JAVA_HOME='/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-16.0.1.jdk/Contents/Home'

再度現在利用されているJavaバージョンを確認してみましょう。

java -version
openjdk version "16.0.1" 2021-04-20
OpenJDK Runtime Environment (build 16.0.1+9-24)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 16.0.1+9-24, mixed mode, sharing)

Javaが任意のバージョンに切り替わっていることが確認出来ます。

さいごに: Javaのバージョンを確認した上でシステム開発をはじめよう


本記事では、Javaのバージョン確認方法についてLinuxやMac環境でも利用出来るコマンド操作をご紹介してきました。

システム開発では複数プロジェクトを担当することも多く、プロジェクトによってJavaのバージョンを変更するケースは珍しくありません。

今回ご紹介した方法のように、ご自身の環境でもプロジェクト似合わせてJavaバージョンを変更出来るようにぜひお試しください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。