バナー画像

Javaのパッケージとは?

Javaには、クラス名を一意に決められるように「パッケージ」という仕組みがあります。

パッケージ(package)は、小包という意味があるように、クラスをグループにまとめて分類・管理できるものです。

クラスをパッケージに所属させるためには、クラスのソースコードの先頭にpackage文を記述します。

これによって、Javaが提供しているクラス以外に個人的に作ったクラスは、パッケージを作成しておくと、既存のクラスと簡単に区別できます。

つまり、多くのクラスを使い分けるのに便利だと言えるのです。

パッケージ外のクラスにアクセスする場合は、import文によって対象のクラスの場所を明示します。

java.utilパッケージとは?

JavaのAPIには、数多くのパッケージとクラスが含まれています。

APIのクラスには「java.」または「javax.」で始まるパッケージ名が利用されています。

「java.util」もその中の一つで、プログラミングを便利にする様々なクラス群が含まれています。

util は ユーティリティのことで、英語で「役に立つもの」という意味があります。

java.utilパッケージの使い方

java.utilパッケージを使うには、ファイルで import文 を記述します。

記述方法は、使いたいクラスを指定するか、「*」でutilパッケージに含まれるクラス全てを読み込めばOKです。

■記述例

// ArrayListクラスを使いたい場合
import java.util.ArrayList;

// ArrayListも含めた全てのクラスを使いたい場合
import java.util.*;

次の章で、java.utilパッケージでよく使われるクラスを確認しながら、使い方をより詳しく見ていきましょう。

java.utilパッケージのクラスの種類

java.utilパッケージには様々なクラスが含まれていますが、ここではよく使われるクラスをピックアップして紹介します。

java.utilパッケージのクラス
  • Dateクラス
  • Scannerクラス
  • Base64クラス
  • Propertiesクラス
  • ArrayListクラス

Dateクラス

Dateクラスは、日時を取得したり、日時を計算したりする際に利用する日付型のクラスです。

Dateクラスオブジェクトの記述ルールは、下記のようになっています。

Date 変数名 = new Date();

では簡単に、現在の日付を取得するプログラムを動かしてみましょう。

// java.util.Dateクラスをインポートします
import java.util.Date;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
      // Dateクラスのインスタンスを生成
      Date date = new Date();
      System.out.println("現在の日時を表示します:" + date);
    }
}
■実行結果
mbp:desktop potepan$ java Main
現在の日時を表示します:Sat Feb 27 21:43:57 JST 2021

このように、日時を取得して表示できました。

Dateクラスの使い方については、下記の記事で詳しく解説していますので参考までに。

【関連記事】

▶︎【Java】初心者必見!日付を扱うDateクラスの簡単講座

▶︎【Java】Date型で日付・日時を比較するさまざまな方法を紹介!

Scannerクラス

Scannerクラスは、キーボードから入力された文字を読み取れるクラスです。

取得した標準入力の情報を使って処理を行いたい場合や、対話型のプログラムで利用します。

記述例は次の通りです。

■記述例
// java.util.Scannerクラスをインポートします
import java.util.Scanner;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
      // Dateクラスのオブジェクトを生成
      Scanner scanner = new Scanner(System.in);
      System.out.print("キーボードから入力 > ");

      //入力された内容をインスタンスから取得
      String input_text = scanner.nextLine();
      System.out.println("入力されたテキスト:" + input_text);

      // Scannerクラスのインスタンスを終了
      scanner.close();
    }
}
■実行結果
mbp:desktop potepan$ java Main
キーボードから入力 > ポテパンスタイル
入力されたテキスト:ポテパンスタイル

実際にプログラムを動かすと、キーボードでテキストを入力できるはずです。

Base64クラス

Base64クラスは、Base64エンコーディング・スキーム用のエンコーダおよびデコーダを取得するためのstaticメソッドのみで構成されたクラスです。

Base64とは、64種類の英数字で行うエンコード方式のことで、通信などに使用されます。

実際にエンコード・デコードを行うサンプルは下記の通りです。

■記述例
import java.nio.charset.*;
// java.util.Base64クラスをインポートします
import java.util.Base64;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
      Charset charset = StandardCharsets.UTF_8;
      String str = "potepanポテパン228";

      // エンコードを行う
      byte[] byteAry1 = Base64.getEncoder().encode(str.getBytes(charset));
      String strEncode = new String(byteAry1, charset);
      System.out.println("エンコード結果: " + strEncode);

      // デコードを行う
      byte[] byteAry2 = Base64.getDecoder().decode(byteAry1);
      String strDecode = new String(byteAry2, charset);
      System.out.println("デコード結果:" + strDecode);
    }
}

■実行結果
mbp:desktop potepan$ java Main
エンコード結果: cG90ZXBhbuODneODhuODkeODszIyOA==
デコード結果:potepanポテパン228

Propertiesクラス

Propertiesクラスは、キーと設定値のペア形式をとることで、設定情報の読み込み・保存ができるクラスです。

Propertiesオブジェクトを作成し、値をいくつか設定して、それをファイルに保存するサンプルコードを見て見ましょう。

■記述例
import java.io.*;
// java.util.Propertiesクラスをインポートします
import java.util.Properties;

public class Main {
    public static void main(String[] args) throws IOException {
      Properties settings = new Properties();

      // 値を設定
      settings.setProperty("author", "potepan style");
      settings.setProperty("site", "style.potepan.com");
      settings.setProperty("language", "java");
      FileOutputStream out = null;

      try {
        // sample.propertiesファイルを生成
        out = new FileOutputStream("sample.properties");
        settings.store(out, "Sample Properties");
      } finally {
        if (out != null) {
          out.close();
        }
      }

    }
}

実行すると、同じディレクトリに sample.properties ファイルが生成されます。

中身を確認してみると、プログラムで設定したキーと値が記載されているはずです。

■実行結果
#Sample Properties
#Sun Feb 28 00:30:17 JST 2021
site=style.potepan.com
author=potepan style
language=java

ArrayListクラス

ArrayListクラスは、内部的には配列を利用したリスト構造となっており、サイズを後からでも変更できるクラスです。

不定数の要素を配列で扱いたい場合に便利なクラスと言えます。

では、ArrayListクラスを使ったサンプルコードを紹介します。

■記述例
// java.util.ArrayListクラスをインポートします
import java.util.ArrayList;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
      // ArrayListを生成
      ArrayList<String> list = new ArrayList<String>();

      // データをセット
      list.add("potepan");
      list.add("style");
      list.add("java");

      // ArrayListを1件ずつ取り出して表示
      for (int i = 0; i < list.size(); i++) {
        System.out.println(i+1 + "つ目の要素:" + list.get(i));
      }
    }
}
■実行結果
mbp:desktop potepan$ java Main
1つ目の要素:potepan
2つ目の要素:style
3つ目の要素:java

より詳しく、ArrayListクラスについて知りたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

【関連記事】

▶︎【Java入門】ArrayListの使い方!配列との違いも解説

まとめ

今回は、java.utilパッケージについて概要や使い方を紹介しました。

java.utilパッケージで使えるクラスには様々なものがあり、実際の開発現場でもよく使うクラスばかりです。

覚えておくとプログラミングする際に役立つものばかりですので、ぜひ本記事を読んだきっかけに使い方をマスターしてくださいね。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。