java.utilパッケージとは?使い方や代表的なクラスをまとめて紹介
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2021.03.01

    java.utilパッケージとは?使い方や代表的なクラスをまとめて紹介

    Javaのパッケージとは?

    Javaには、クラス名を一意に決められるように「パッケージ」という仕組みがあります。

    パッケージ(package)は、小包という意味があるように、クラスをグループにまとめて分類・管理できるものです。

    クラスをパッケージに所属させるためには、クラスのソースコードの先頭にpackage文を記述します。

    これによって、Javaが提供しているクラス以外に個人的に作ったクラスは、パッケージを作成しておくと、既存のクラスと簡単に区別できます。

    つまり、多くのクラスを使い分けるのに便利だと言えるのです。

    パッケージ外のクラスにアクセスする場合は、import文によって対象のクラスの場所を明示します。

    java.utilパッケージとは?

    JavaのAPIには、数多くのパッケージとクラスが含まれています。

    APIのクラスには「java.」または「javax.」で始まるパッケージ名が利用されています。

    「java.util」もその中の一つで、プログラミングを便利にする様々なクラス群が含まれています。

    util は ユーティリティのことで、英語で「役に立つもの」という意味があります。

    java.utilパッケージの使い方

    java.utilパッケージを使うには、ファイルで import文 を記述します。

    記述方法は、使いたいクラスを指定するか、「*」でutilパッケージに含まれるクラス全てを読み込めばOKです。

    次の章で、java.utilパッケージでよく使われるクラスを確認しながら、使い方をより詳しく見ていきましょう。

    java.utilパッケージのクラスの種類

    java.utilパッケージには様々なクラスが含まれていますが、ここではよく使われるクラスをピックアップして紹介します。

    java.utilパッケージのクラス
    • Dateクラス
    • Scannerクラス
    • Base64クラス
    • Propertiesクラス
    • ArrayListクラス

    Dateクラス

    Dateクラスは、日時を取得したり、日時を計算したりする際に利用する日付型のクラスです。

    Dateクラスオブジェクトの記述ルールは、下記のようになっています。

    では簡単に、現在の日付を取得するプログラムを動かしてみましょう。

    このように、日時を取得して表示できました。

    Dateクラスの使い方については、下記の記事で詳しく解説していますので参考までに。

    【関連記事】

    ▶︎【Java】初心者必見!日付を扱うDateクラスの簡単講座

    ▶︎【Java】Date型で日付・日時を比較するさまざまな方法を紹介!

    Scannerクラス

    Scannerクラスは、キーボードから入力された文字を読み取れるクラスです。

    取得した標準入力の情報を使って処理を行いたい場合や、対話型のプログラムで利用します。

    記述例は次の通りです。

    実際にプログラムを動かすと、キーボードでテキストを入力できるはずです。

    Base64クラス

    Base64クラスは、Base64エンコーディング・スキーム用のエンコーダおよびデコーダを取得するためのstaticメソッドのみで構成されたクラスです。

    Base64とは、64種類の英数字で行うエンコード方式のことで、通信などに使用されます。

    実際にエンコード・デコードを行うサンプルは下記の通りです。

    Propertiesクラス

    Propertiesクラスは、キーと設定値のペア形式をとることで、設定情報の読み込み・保存ができるクラスです。

    Propertiesオブジェクトを作成し、値をいくつか設定して、それをファイルに保存するサンプルコードを見て見ましょう。

    実行すると、同じディレクトリに sample.properties ファイルが生成されます。

    中身を確認してみると、プログラムで設定したキーと値が記載されているはずです。

    ArrayListクラス

    ArrayListクラスは、内部的には配列を利用したリスト構造となっており、サイズを後からでも変更できるクラスです。

    不定数の要素を配列で扱いたい場合に便利なクラスと言えます。

    では、ArrayListクラスを使ったサンプルコードを紹介します。

    より詳しく、ArrayListクラスについて知りたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

    【関連記事】

    ▶︎【Java入門】ArrayListの使い方!配列との違いも解説

    まとめ

    今回は、java.utilパッケージについて概要や使い方を紹介しました。

    java.utilパッケージで使えるクラスには様々なものがあり、実際の開発現場でもよく使うクラスばかりです。

    覚えておくとプログラミングする際に役立つものばかりですので、ぜひ本記事を読んだきっかけに使い方をマスターしてくださいね。



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE