【Java】32bitと64bitは共存できる?違いや確認方法など徹底解説!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2021.01.31

    【Java】32bitと64bitは共存できる?違いや確認方法など徹底解説!

    この記事では、Javaの32bitと64bitの共存について解説します。

    その前に、「そもそも、Javaについてあまりわからない…」という場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

    【関連記事】

    ▶︎【Java】大人気の開発言語”Java”とは?概要~使い方まで初心者にもわかりやすく解説。

    Javaの32bitと64bitは共存できる

    結論から言うと、32bit版と64bit版は共存可能です。

    基本的に、両方ともパソコンに入れていても問題ありません。

    ただし、32bit版も64bit版も入れた状態で、32bit版を動かしたい場合もあるでしょう。

    その時は、64bit版は削除する必要があります。

    両方入れた状態だと、64bit版が優先されてしまうからです。

    ポテパンダの一言メモ

    Javaの32bit版と64bit版は共存可能だが、32bit版で動かしたい場合は、64bit版を削除しよう。

    Javaの64bit版のダウンロード方法

    32bit版と64bit版が共存できるとわかって、64bit版をダウンロードしようとおもっているのではないでしょうか。

    ここでは、Javaの64bit版のダウンロード方法を紹介します。

    方法は、次の手順の通りです。

    32bitを64bitに移行する手順

    • ダウンロードページから「Windows オフライン (64ビット)」を選ぶ
    • ダウンロードしたアプリケーションを起動

    Javaの32bitをダウンロード・インストールする

    • インストーラーが開くので「インストール」ボタンをクリック

    Javaの32bitをダウンロード・インストールする

    • インストールが開始するので完了まで待つ

    Javaの32bitをダウンロード・インストールする

    • 全ての手順が完了し、インストーラーを閉じればダウンロード終了

    Javaのアンインストール方法

    もし、32bit版も64bit版もダウンロード・インストールした状態で32bit版を動かしたい場合は、64bit版をアンインストールしましょう。

    ここでは、Javaのアンインストール方法を紹介します。

    Windows 10の場合

    Windowsの場合は、次の手順でアンインストールが完了します。

    Windowsでアンインストールする手順

    • 「スタート」をクリック
    • 「設定」を選ぶ
    • 「システム」を選ぶ
    • 「アプリと機能」を選ぶ
    • アンインストールするプログラムを選択し「アンインストール」ボタンをクリック
    • プロンプトに従ってアンインストールを完了

    Mac OS Xの場合

    Mac OS Xの場合は、次の手順でアンインストールが完了します。

    Mac OS Xでアンインストールする手順

    • Dockにある「Finderアイコン」をクリック
    • 「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダをクリック
    • 「Terminal」アイコンをダブルクリック
      (もしくは、「command(⌘) + スペースキー」でSpotlight検索を開き、「terminal」と入力して開いてもOK)
    • ターミナル・ウィンドウで、次のコマンドをコピー・アンド・ペースト

    • アンインストールを完了

    32bitと64bitの違いとは?

    ここまで、32bit版と64bit版が共存できることを紹介しました。

    根本的な疑問は解決できたかもしれませんが、そもそも「両者の違いってなんなの?」と思っている人もいるかもしれません。

    この章では、32bit版と64bit版の違いについて確認していきます。

    32bitと64bitは、CPUの性能が異なります。

    CPUとは、パソコンで計算処理や、キーボードなどの入力内容を出力処理するコンピュータの部品のことです。

    また、情報を記憶しておく部分も備わっています。

    32bitと64bitの意味は、CPUに情報を記憶しておく量を示しているのです。

    つまり、32bitよりも64bitの方が多くの情報を記憶しておくことができ、扱えます。

    • 64bit:18446744073709551616通り(2の64乗)
    • 32bit:4294967296通り(2の32乗)

    多くの情報を記憶できると、記憶したデータを処理にすぐ使えるため、処理速度の向上や、複雑な処理も可能です。

    ポテパンダの一言メモ

    32bitCPUの場合、メモリは4GBが上限となっています。

    そのため、情報量が多い場合や、処理が複雑な場合には向いていません。

    32bitと64bitの確認方法

    Javaを扱う場合、あなたのパソコンが32bit版なのか、64bit版なのかの確認は非常に重要です。

    ここでは、32bitか64bitかどうかを、パソコンで確認する方法とブラウザで確認する方法で紹介します。

    パソコンで確認する方法

    まず、パソコン(Windows 10)で確認する方法を説明します。

    パソコンで確認する手順

    • 「スタート」をクリック
    • 「設定」を選ぶ
    • 「システム」を選ぶ
    • 「バージョン情報」を選ぶ
    • 「デバイスの仕様」項目の「システムの種類」をチェック

    以下の画像のように、何bitのパソコンなのか確認可能です。

    ブラウザで確認する方法

    次に、ブラウザで確認する方法です。

    ブラウザの場合は、「確認くん」というサイトを開くことで確認できます。

    Javaの32bitと64bitを確認するには?

    「現在のブラウザー」の項目が「Win64; x64」書かれていれば64bit版ということです。

    もし、あなたのパソコンが32bit版の場合、「WOW64」と表示されるか、表示されません。

    まとめ

    今回は、Javaの32bit版と64bit版が共存できるかについて解説しました。

    32bit版と64bit版は共存でき、32bit版を動かしたい場合は64bit版を削除すればOKです。

    64bit版のダウンロード方法も紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE