MySQLのデータベース一覧確認は、show databasesよりmysqlshowが便利
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2020.01.30

    MySQLのデータベース一覧確認は、show databasesよりmysqlshowが便利

    MySQLのデータベース一覧確認の方法についてまとめています。

    データベース一覧の確認は、show databases

    MySQLでデータベースの一覧を確認するSQLは、show databasesです。

    シノニム(エイリアス)として、show schemasでも同じ結果が表示されます。

    likeでワイルドカード文字による、絞り込みも可能です。

    mysqlshowコマンドは、データベース、テーブル、カラム一覧が同じコマンドで表示できる

    mysqlshowコマンドで、データベース一覧を表示するには以下のようにします。

    mysqlshowでテーブル件数一覧表示

    –countオプションを指定すると、データベースごとのテーブル数とデータのロウ数一覧が表示されます。

    内部的にselect count(*)を使っていると思われるため、巨大なデータを保管しているテーブルがあると、データベース自体のパフォーマンスに影響を及ぼす恐れがあります。注意しましょう。

    データベース名指定で、テーブル一覧表示

    データベース名を指定すると、対象データベースのテーブル一覧を表示します。

    SQLで実現するなら、show tablesと同等です。

    -tオプションで、テーブルタイプも表示します。

    -iオプション指定で、テーブルの詳細つきで一覧表示を行います。

    データベース名、テーブル指定でカラム一覧の情報を表示

    データベース名とテーブル名を指定すると、カラム一覧を表示します。

    SQLで実現するなら、desc テーブル名の結果と近いです。

    -kオプションでキーの情報を合わせて表示します。

    まとめ

    ポテパンダの一言メモ
    • データベース一覧を表示するには、show databases
    • mysqlshowコマンドでもデータベース一覧を表示可能
    • mysqlshowコマンドは、同じコマンドでテーブル一覧、カラム一覧と付加情報を表示可能


    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE