【初心者歓迎】プログラミング言語Javaについて理解しよう!基本や特徴を徹底解説
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2020.01.06

    【初心者歓迎】プログラミング言語Javaについて理解しよう!基本や特徴を徹底解説

    本記事では、人気プログラミング言語の1つJavaについて、基本的な情報からJavaの特徴を初心者の方向けに解説していきたいと思います。

    プログラミング言語Javaとは

    Javaとは数多くあるプログラミング言語の1つで日本でも人気の高い言語です。

    まずはJavaの基本情報についてご紹介していきたいと思います。

    Javaは歴史の長いプログラミング言語

    Javaは1995年、Sun Microsystems社により開発されたプログラミング言語です。

    当初は家電製品などのハードウェアへ組み込むシステムの開発をメインとしていましたが、プラットフォームに依存しないJavaの特性が注目され、様々な分野で利用され人気を博すようになりました。

    Java言語の由来とは

    Java言語の由来については大きく2つの説が唱えられており、明確には判明しておりません。

    コーヒー好きのプログラマーから命名された説

    コーヒー好きのプログラマーが、コーヒーの産地であるインドネシアのジャワ島(英語表記はJava)から命名したという有名な説があります。

    同時にコーヒーを入れるのと同じくらい簡単にプログラム作成が出来る言語として名付けられたという説も唱えられています。

    何かの頭文字をとっている説

    英語のフレーズの頭文字を取ってJavaを採用した説も有力となっています。

    しかし、何の頭文字から取っているのかについての有力な情報はなく、コーヒーから名付けたのではないかという説の方が有名になっているのが現状です。

    Javaは元々「Oak(オーク)」という名で呼ばれていた

    Sun Microsystemsの開発チームでは元々「Oak(オーク)」という名で開発を進めていました。

    しかし、Java開発時点で「Oak」は既に商標登録されており、正式リリースする際の名称として利用出来ないことから「Java」という名称が新たに付けられたということです。

    Java言語で出来ることって何?

    Java言語はプラットフォームに依存しないプログラミング言語としての特性を持っていますが、何が開発出来るのかについてご紹介していきたいと思います。

    Webシステム開発

    Webシステムでは近年スクリプト言語と呼ばれる「PHP」「Python」「Ruby」などの言語が注目されていますが、「Java」で開発されたWebシステムも多く存在します。

    ポテパンダの一言メモ

    Javaの処理速度の速さ大規模開発に適した安定性から、大手サイトで採用されているケースが多いようです。

    業務アプリケーション開発

    企業が業務で利用するアプリケーションもJava言語で制作されたものが多く、現在も積極的に採用されています。

    企業のシステムでは安定性が重要視される傾向にあることから、古くからJava言語が採用される傾向にあります。

    ポテパンダの一言メモ

    日本国内では銀行系システムにもJava言語が採用されていることは有名です。

    Androidアプリケーション開発

    Androidアプリケーションで最も利用されているプログラミング言語はJavaです。

    最近ではReactNativeを利用したAndroidアプリケーションの開発も一般的となってきましたが、圧倒的なシェア率を誇っているのはJavaでの開発となっています。

    現在開発済みのアプリ保守から新規開発までを考えると、今後もAndroidアプリケーションの市場シェアはJava言語が優勢となることが予想されます。

    組み込みアプリケーション開発

    Javaが当初から採用されている家電製品やブルーレイディスクなど、組み込みアプリケーション開発もJava言語のシェア率が高いシステム開発の分野となります。

    家電を中心とした組み込み分野は今後「IoT(Internet of Things)」と呼ばれるインターネットを介して全てのモノを繋げる取り組みが活発に行われていることから、Java言語の需要も更に高まることが期待されています。

    Java言語の特徴とは

    ここからはJava言語が人気のプログラミング言語となっている理由でもある、Java言語の特徴についてご紹介していきたいと思います。

    JVM(Java Virtual Machine)を採用した独自システム

    Java言語を説明する上で欠かせない仕組みがJava仮想マシン(JVM)となります。

    Javaでは異なるプラットフォーム上でもシステムを動かすことが出来るように、Java仮想マシン上でJavaプログラムを実行する仕組みが採用されています。

    この仕組みにより、WindowsやMac OS、LinuxといったOSの違いに影響されず、Javaで記述されたプログラムを動作させることが可能になっています。

    オブジェクト指向プログラミング

    Javaで採用されているクラスやオブジェクトという概念はオブジェクト指向プログラミングと呼ばれており、Javaより後に出てきた多くのプログラミング言語でも採用されている考え方です。

    オブジェクト指向では、プログラムを機能単位の部品として作成することが出来るため、複数名で開発するプロジェクトでも作業を進めやすい特徴があります。

    Javaプログラミングを勉強することでオブジェクト指向の考え方を理解することが出来るため、他のプログラミング言語に移った場合でも効率的に学習を行うことが可能です。

    処理速度が早い

    Javaは組み込みシステムでも利用されている言語であり、処理速度が早いことが特徴の1つとして認識されています。

    Javaの処理速度が早い理由の1つとして、コンパイル言語であることが挙げられます。

    「PHP」や「Ruby」といったWeb系言語と呼ばれる「スクリプト言語」ではコンパイルが必要なく手軽に実行することが出来る反面、処理速度が「Java」をはじめとしたコンパイル言語に比べて遅いといったデメリットもあります。

    処理速度が重要となるシステムにおいては、Java言語が採用されているケースも多いのが実状です。

    今後のJava言語とプログラマーの需要とは?

    Javaは古くから利用されているプログラミング言語ですが、今後の需要についてはどうなるのでしょうか?

    業務系システムを中心にJavaプログラマーの需要は継続して高い

    Java言語は既に完成しているシステムで採用していることも多いことから、保守案件や機能追加などの案件も豊富でJavaプログラマーの需要は今後も高いままであることが予想されています。

    特に、業務系システムを中心に企業で導入しているシステムは安定性を最優先で考えるため、実績もあるJavaでの開発が引き続き行われる可能性が高いことが推察出来ます。

    Androidアプリ開発案件で需要増加も!?

    最近ではスマートフォンのハードウェアとしての性能が上がってきたことから、Androidアプリでも様々なことが出来るようになり、アプリケーション開発が活発に行われるようになっています。

    Java言語での開発がAndroidアプリでは主流となっていることからJavaプログラマーの需要も高く、今後も新規開発案件が多く出てくることが予想されるため、需要は引き続き高まることが推察されます。

    さいごに:プログラマーを目指すならJava言語の基本は知っておこう!

    本記事では、プログラミング言語の1つである「Java」言語の基本や特徴についてご紹介してきました。

    Java言語はプログラマーとして活動する上で、多かれ少なかれ必ず関わることになる程メジャーなプログラミング言語です。

    自分がJava言語を利用したプログラミングを行わない場合でも、ある程度の概要は理解出来るようにJava言語の基本はしっかりと抑えておきましょう。



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE