MySQL 8.0 インストール ダウンロードから初期設定まで解説
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2019.11.15

    MySQL 8.0 インストール ダウンロードから初期設定まで解説

    MySQLの最新版8.0をダウンロード&インストールする手順を解説しています。

    初見だと、どのページからインストールしていいのかな?と迷うこともあるので、今からMySQLをインストール予定のあなたは、ご一読ください。

    MySQL 8.0のダウンロード

    Enterprise EditionとCommunity版

    MySQLには、Enterprise Edition(法人向けの有償版)と、Community版(オープンソース、GPLの無償版)があります。

    当記事では、無償で使えるMySQL Communityについて解説していきます。

    以下は、MySQLのダウンロードページです。

    参考)MySQL :: MySQL Downloads

    MySQL Communityのダウンロードページは、MySQLダウンロードページの下部のリンク「MySQL Community(GPL) Downloadsから、開くことができます。

    参考)MySQL :: MySQL Community Downloads Community版ダウンロードページ

    MySQL Serverのインストールをおこなう場合は、「MySQL Community Server」をクリックします。

    参考)MySQL :: Download MySQL Community Server

    プラットフォームを選ぶ

    MySQL最新版は、Windowsと主要なLinuxに対応しています。

    Windows版はx86 32ビット版、64ビット版があり、インストーラーが付属していてインストールが容易です。

    Linuxは、Yumコマンド系のRed Hat Enterprise Linux、Oracle Linux、Cent OS、Fedora向けのリポジトリ、APTコマンド系のDebian、Ubuntu向けのリポジトリ、SUSE Linux向けのリポジトリが容易されていて、yumコマンドやaptコマンド一発でインストール可能です。

    他には、Windowsや各種Linux向けのソースコードも提供されています。

    ここでは、Windows 64ビット版を選びます。

    なお、「i」タブをクリックすると、旧バージョンのインストーラをダウンロードすることが可能です。

    確認したところ、もっとも古いバージョンで5.0.15のダウンロードが可能でした。

    Windos(X86, 32&64-bit),MySQL Installer MSIの「Go to Download Page」をクリックします。

    さらに2種類のインストーラーが出てきます。32-bitとありますが、これはインストーラー自体が動作するアーキテクチャを示しているため、気にしなくて構いません。

    サイズが小さい方は、インストール途中に必要なファイルをダウンロードするタイプ、サイズが大きい方は必要なファイルを最初から全て含むインストーラーです。

    今回は、サイズが大きい方の「Download」ボタンをクリックします。

    MySQL 8.0のインストール手順

    インストーラを実行すると、Windowsの環境によっては以下の警告が表示されます。「実行」をクリックします。

    しばらくすると、以下の画面が表示されます。

    「Developer Default」にチェックが入っているのを確認し、Nextをクリックします。

    この画面では、インストールするコンポーネントを指定できます。「Developer Default」は、開発に必要な全てのプロダクトをインストールします。

    必要なものだけを指定したい場合は「Custom」を選んで、インストールしたい製品をチョイスします。

    インストール先のパスにすでにファイルが合った場合(以前にインストールをした場合など)は、Path Conflictsの画面が表示されます。

    ファイルパスを変更する場合は、新しいパスを入力します。上書きインストールで構わない場合は、そのままNextをクリックします。

    警告が出ている状態のままNextをクリックすると、「本当に継続しても良いですか?」という以下のメッセージが表示されます。ここでは、Yesをクリックして、処理を先に進めます。

    前提ソフトウェアがインストールされていない場合には、Check Requirementsの画面が表示されます。

    上記の表示は、前提となるVisual Studioがインストールされていないという警告です。今回は、そのままNextをクリックします。

    「前提条件が満たされていませんが、続けてよいですか?」というメッセージが表示されます。今回は、Yesをクリックして継続します。

    インストールの最終確認画面です。画面に表示されたプロダクトがインストールされるので、問題なければ「Execute」ボタンをクリックして実行します。

    リアルタイムにインストールの進捗状況がパーセント表示され、確認できます。

    全てのインストールが完了したら、Nextをクリックします。

    MySQL 8.0の初期設定

    続いて、インストール済みのプロダクトに初期設定をおこないます。

    下記の画面では、MySQL Server、Router、Sample and Examples(サンプルデータベース)の初期設定(Configration)をおこなう旨が表示されてます。

    Nextをクリックします。

    MySQL ServerのHA設定(高可用性設定)を選択する画面です。複数のサーバでクラスタ構成を組むことができます。

    ここでは、1台のみのスタンドアロン構成(Standalone MySQL Server / Classic MySQL Replication)を選択し、Nextをクリックします。

    MySQL Serverのタイプとネットワークの接続方式を選択します。

    データベースの接続は、一般的にTCP/IP接続のほか、名前付きパイプや共有メモリが利用可能。

    ここでは、デフォルトそのまま(Development Computer(開発機)、ネットワーク接続はTCP/IP ポート3306)で、Nextをクリックします。

    MySQL Serverの認証方式を選択します。

    8.0ではsha256ベースのパスワード暗号化がデフォルトになっています。旧バージョンと合わせることも可能。

    ここでは、デフォルト(Use Strong Password Encryption fo Authentication)のまま、Nextをクリックします。

    MySQL ServerのRoot(管理者)パスワードを決めます。

    パスワードを入力し、Checkをクリックします。デフォルトのパスワードポリシー(8文字以上、アルファベット大文字・小文字・数値・記号混在)を満たしていないとエラーになります。

    Checkボタンの横に緑色のチェックマークがついたら、Nextをクリックします。

    MySQLサーバのサービス名や、サービスを実行するアカウントを指定します。

    ここでは、デフォルトのまま、Nextをクリックします。

    MySQL Serverに対する初期設定の最終確認です。良ければ、Executeをクリックします。

    初期設定が終了したら、「Finish」をクリックします。

    MySQL Serverの初期設定が終了し、「Status」がConfiguration complete.(設定完了)となります。

    Nextをクリックします。

    MySQL Routerの設定画面です。MySQL Routerは、複数のサーバに対してロードバランシングし付加を分散をおこなうプロダクトです。

    ここではデフォルト(何も設定しない)で、Finishをクリックします。

    MySQL Router の設定をおこなわなかったので、Statusに「Configuration not needed」と表示されます。

    Nextをクリックします。

    サンプルデータベース(Samples and Examples)のインストール画面になります。

    Password欄に先ほど設定したrootのパスワードを入力し、Checkをクリックします。正しいパスワードを入力すると、MySQL ServerのStatusに「Connection suceeded」と表示されます。

    Samples and Examplesの最終確認画面です。そのままExecuteをクリックします。

    初期設定が完了したら、Finishをクリックします。

    インストール完了です。さらにFinishをクリックすると、MySQL Workbench(GUI管理ツール)とMySQL Shell(CUI管理ツール)が起動します。

    MySQL Workbenchからは、MySQL Serverの起動・停止や各種管理を実行可能です。

    【関連記事】
    MySQL Workbench 8.0を日本語化して、ER図でリバースエンジニアリング

    まとめ

    ポテパンダの一言メモ
    • MySQL の2019年時点の最新版は8.0
    • MySQLには、有償版のEnterprise Editionと無料で使えるCommunity版がある
    • MySQLは、Windowsと主要Linux、ソースコードからのインストールに対応


    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE