バナー画像

Webの世界で必須となるプログラミング言語、PHP。簡単に使える、習得しやすいという話をよく聞きます。しかし実際のところどうなのでしょうか?他言語を経験されている方にとっては、隣の芝は青く見えるもの。

本記事では、PHPを「希望要件」としてみたときに、PHPは他言語とは何が異なるのか、PHPができると何がオイシイのかをご紹介します!ちなみに、PHPを使うプログラマーのことを、多くの人はPHPer(ペチパー)と呼んでいます。

PHP開発案件でよく使われるフレームワーク

イマドキは基本言語だけで開発を進めることはめずらしく、何らかのフレームワークを使うのが普通です。もちろんPHPにもフレームワークがあります。PHP案件でよく使われるフレームワークをいくつかご紹介します。

Laravel(ララベル)

今もっとも熱いPHPフレームワーク、Laravelです。

習得しやすく、すぐにコードが書けるのが特徴で、近年シェアが急速に伸びています。この傾向は当面続くので、PHPの求人を探すならまずは押さえておきたいフレームワークです。

また、Laravelはライブラリが豊富なのも特徴で、Google認証を行うOAuth2ライブラリ「league/oauth2-client」などなど、多数あります。

CakePHP(ケイクPHP)

古くからある老舗フレームワーク、CakePHPです。

「Cakeを焼くように簡単なフレームワークを」という思いが名前に込められています。CakePHPは実に簡単に動かすことができ、プロトタイプ作りもお手のものです。bakeコマンドで、MVCフレームワークでいうモデルやコントローラを作りこんでいきます。

その他

上記以外には、FuelPHPやCodeIgniter、Zend Frameworkなどなどがあります。しかし残念ながらLaravelに押されており、近年のシェアの推移は横ばいか下がっています。

シェアが大きいと当然求人も多くなります。よってPHPの求人を探すなら、シェアの大きいLaravelの習得はかなり強力な武器となるでしょう。

フレームワークではありませんが、PHPを語る上でWordPressは必須です。Wordpressで少し複雑なことをしようとすると、プラグインでは対応できないことが往々にしてあります。

そんなとき、PHPができる人は自力でコーディングしてサラッと解決してしまいます。カッコイイですね。Wordpressを武器とするデザイナーの方が、さらに道を極めようとPHPにチャレンジすることもよくあります。

PHPは求人は多い、需要が高いって本当?

PHPができる人は需要が多い?プログラマ求人全体に占めるPHPの割合は?そのあたりを解説します。

PHP求人の数

PHP求人の数を、他言語と比較してみましょう。ポテパンを含む複数サイトで、言語を指定して検索結果を見てみました。

まずはフルタイム系(つまり週5日常駐が基本)の求人サイトで検索した結果です。

ポテパンを含む複数サイトで傾向が一致しており、Java/PHP/Ruby/Pythonの順番になっています。

ちょっと見方を変えて、副業やフリーランス系をメインターゲットとするサイトでの傾向を見てみましょう。

今度はPHP/Java/Ruby/Pythonの順になり、PHPの需要が一番高いのです。

求人におけるPHPの傾向

前述からどんなことが分かるでしょうか?

フルタイム系の求人はおのずと大企業や既存の企業、またはそれらに人材を派遣するSIerが多くなります。そういった分野ではJavaの方がPHPよりわずかに強いようです。

ただし、その差は大きくありません。IT業界内では企業のシステム=Java、という暗黙の了解がありますが、決してそう言い切れないことがこの結果からわかります。PHPも健闘しているのです。

では、副業・フリーランサー向けサイトでPHPの需要が高いのは何を意味するのでしょうか?

副業・フリーランサー向けサイトに人材を求める企業は、いわゆるスタートアップ企業が多いのです。お金もないし、人を雇うほどの経営的余力や社内スペースもないスタートアップ企業だからこそ、すぐにサイトを作れるフレームワークを求めるのです。需要とPHPの特性が一致していますよね。

PHPのリモート案件はある?

はい、あります。ただし、週5かつ1日8時間のフルタイム案件に比べて、リモートワークはいろいろと制限があるので注意が必要です。

例えば、応募者の技量です。未経験でいきなりリモートワークができるかというと、それは難しいことは発注者の立場で考えるとすぐに分かることです。

一方で、スタートアップ企業を中心とした副業・フリーランサー向け案件では、比較的リモートワークをよく見ます。理由は、どちらかというとスポット的に人不足を解消したいだけ、またはワーカーが仕事をするスペースもないような若い企業です。

PHPで未経験でも可能な求人はある?

いくらPHPが習得しやすいとはいえ、実際のところ未経験でも応募して採用してもらえるのでしょうか?未経験や経験の浅い方、他言語の方から見たPHPを解説します。

完全未経験でも求人はある?

残念ですが、完全未経験でも可という案件はありません。ですが、それはあくまで「普通のプログラマーレベルの労力がほしい」という要望に対しての話です。

副業紹介サイトでは、「テストだけでもよい」「学習しながらでもよい」といった募集要件を見ることがあります。こういった案件を活用しましょう!いきなりプログラマーとしてデビューするのでは無く、テスターから徐々に上流フェーズへ上がっていけばよいでしょう。

PHPは基本的にWebベースの言語です。動かすだけでもWebサーバーやデータベースの知識、いわゆるプログラミング以外で必要な知識が多いのです。これも完全未経験者を悩ませるポイントです。よって、完全未経験者はむしろWebで必要なHTMLやJavaScript、CSSといった「当たり前の」技術も合わせて学ぶことが大事です。

PHP以外の言語を習得した人なら・・・

PHP以外の言語を習得した方なら、PHPはとても容易に習得できます!普通のオブジェクト指向型言語と大きく異なることはなく、くせがない特徴はプログラミング経験者にとってありがたいかぎりです。

先に挙げたフレームワークはすべてMVCベースなので、他の言語やフレームワークでMVCモデルの開発を経験された方なら大丈夫です。

また、PHPだけができればいいかというとそうでもありません。Webシステムはどちらかというと、前述のようにHTMLやJavaScript、CSSといった「当たり前の」技術も大事です。そういった面でも、Webシステムの開発と他言語の経験をお持ちの方は有利です。

PHP求人の給与・単価相場は?

実際、PHPerたちの給料はいくらくらいでしょうか。見てみましょう。

フリーランス向け

ゲーム系サーバーサイドエンジニアの案件・お仕事
~700,000円 /月業務委託(常駐)

自社製品のリニューアル業務の案件・お仕事
~800,000円/月

目立ったものをピックアップしました。だいたい50万〜80万の範囲です。

副業向け

バラエティに富んでいて一概に傾向を言いづらいのですが、時給ベースではだいたい900〜3000円、1サイトいくらといった固定報酬ベースでは10万〜となっています。

PHPエンジニアの今後の需要は?

先にあげた傾向から見て、増えることはあっても当面減ることはないと思われます。今度は観点を変えて、ITの源流である海外の傾向を見てみましょう。

海外の情報ですが、RedMonk Programming Rankingを見てみると、PHPは4位にランキングされています。海外の情報は日本の事情とはちがう、と無視することはできないのです。海外のシェアが高いと、以下の経緯をたどります。

・おのずと技術者が増える
・関連情報が増える
・フレームワークが増える
・フレームワークが改良される、使いやすくなる
・ますますシェアが増えて、使われる

これらが日本のITに影響を及ぼすのです。よって海外でもPHPのシェアが高いということは、当面は需要は減らないと断言できます。

PHP求人の選び方のポイント

PHP案件はそもそも数が多いので、ある程度の力量があればだいたいの案件は大丈夫でしょう。ただし、傾向があるので注意してください。

PHPはWebシステムやWebサイトを構築することが大きな役目です(ちなみにデスクトップアプリは最近になって作れるようになったばかりです)。よってPHP求人と一言でいっても、普通にWebエンジニアとしてPHPerを採用したり、意外とゲーム制作会社でもPHPを採用していたり、と多岐にわたります。

それはPHP求人をみれば分かります。PHPだけが求人要件にあがっているというのはまれで、たいがいApacheやLinux、MySQL、Cocosといった周辺技術が一緒に求められることが多いのです。つまり、純粋にPHPだけできますといっても案件を得るのは難しいでしょう。

よって、案件ではPHP以外に何を求められるのか、自分はそれが得意か、といったことを見極めるのが大事です。

PHP求人の探し方

意外と簡単に見つけられます。フルタイム向け、フリーランス向け、副業向けと、サイトによって特色がありますが、検索機能はどこでも付いています。そこで「PHP」と入力して検索すれば探せます。金額や特色、PHP以外に何を求められるのかが一目瞭然です。

ポテパンをはじめとして、ITエンジニア向けの案件紹介サイトでは、検索機能の選択肢の中に言語を選択できる機能があります。それらを利用して効率的に検索してみてはいかがでしょうか。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。