プログラミングは無料で勉強しよう!おすすめ学習サイトと勉強法について
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.09.22

    プログラミングは無料で勉強しよう!おすすめ学習サイトと勉強法について

    ちょっと前まで、プログラミングができるようになるには、大変な根気と長い月日が必要でした。今では、さまざまな学習サイトやスクールが開放されるようになり、プログラマになるためのハードルがぐんと下がりました。

    「プログラミングをやってみたいけど、もっと手軽にできないかな?」
    「何度もプログラミングに挑戦してみたけど、長続きしない。」

    そんなあなたのためにお勧めの学習サイトや学習方法を解説していきます。

    プログラミング無料学習サイト3選

    ではここで、初心者にも優しく学習ができるサイトを3つほどご紹介していきましょう。

    1.Progate

    https://prog-8.com/

    絵本のように、直感でわかるイラスト中心のスライドを使って学習することができます。
    コードを書くことで瞬時に自分の書いたプログラムの結果がわかり、初心者に優しい学習サイトとなっています。

    対応言語:Java、Ruby、PHP、Python、SQL、HTML+CSSなど

    2.Paiza ラーニング

    https://paiza.jp/

    3分間の動画を使ってプログラミング手法を解説するという学習サイトです。
    参考書ではわかりにくい、プログラミング手法を細部にわたって解説してくれます。
    根気がない、時間が取れない、という人でも、毎日3分間だけであれば、いける!と思いませんか?

    対応言語:Java、Ruby、PHP、Python、SQL、HTML+CSS、C言語など

    3.コードモンキー

    コードモンキーは、遊びながらプログラミングを学べるという、小学生向けの学習サイトです。
    無料ライセンスだと100ステージがプレイでき、大人も一緒に楽しめる学習サイトとなっています。

    対応言語:CoffeeScript(JavaScript)

    初心者にお勧めの学習方法


    プログラミングの学び方は多種多様、人それぞれですが、ほとんどのプログラマが語るには「まずは実践してみるのが一番の方法だ」といいます。
    しかし、プログラミングに関してはまるで知らない初心者が、どうやって実践の機会を与えられるというのでしょうか。

    実は、方法はいくらでもあるのです。
    プログラミングにおいて、まず一番初めにやるべきことは「プログラミングによって、何がほしいのか、何をやりたいのか」を決めることです。

    プログラミングをする目的は「何かを作りたいから」やるものであって「プログラミングがやりたい」ということそのものが目的となってはいけません。
    本当に、簡単でいいのです。

    たとえば「ホームページを作成したい」だとか「自分のデスクトップ環境をもっと便利にしたい」とかですね。
    目的が見つかれば、そのために「どうやってプログラミングを行うのか?」が自然と考え出るようになります。

    やりたいことはきまりましたか?それでは、今度はそれを作っていきましょう!
    さっき決めた「やりたいこと」を実現させるには、実にいろんなコードやその組み合わせで、試行錯誤を重ねていかなければなりません。

    そんな工程が難しいから敷居が高いと思われがちのプログラミングですが、ここでは、特殊な学習方法「ペアプログラミング」をご紹介します。
    ペアプログラミングとは、二人一組のペアとなり、ドライバー(タイピングをする役割)とナビゲータ(ドライバーの横でタイピングを見守り、文法などに誤りがないかをチェックする役割)でプログラミングする手法です。

    通常の現場では、習熟度が高いベテランプログラマと、未熟なプログラマがペアとなって行うものですが、この方法は、プログラミング学習を行う上でも有効な手段です。
    ペアプログラミングには、ベテランが居なくてもよいのか?という疑問が出てくるものですが、例えば、プログラミング初心者同士がプログラミングを実践している場合、ドライバー役がタイピングをしながら悩んでいる間、ナビゲータ役は参考書やWebでの調べ物をしながら、共同で問題解決に向けて努力することになります。ナビゲータ役が問題解決できそうなドキュメントをみつけると「これはどう?」と、ドライバー役に情報共有します。

    この学習方法は「ドライバーがアウトプットで試す」「ナビゲータが解決方法を調べる」の2つのプロセスを共有でき、一人でプログラミングする時よりも、より効率的に学習することができるのです。また、切磋琢磨できるという観点から、二人の間に協調性が生まれ、より高いモチベーションを維持することができます。

    この方法は、プログラマのお父さん/お母さんがわが子に教えるときにとても有効な手段です。
    また「プログラミングなんて知らないけど、わが子に習い事として覚えさせたい」というお父さん/お母さんにも最適です。

    わが子のやっていることが共有できる上、プログラミングを通して現代の家庭に不足しがちな親子のコミュニケーションの場がより多く増えることでしょう。

    学ぶ言語の選び方

    何の言語で学習すべきか?と問われて現役プログラマが答え得るのは「何でも、好きなものをやればいいんじゃない?」ではないでしょうか。

    また、例えば?と突っ込んだ質問をするようであれば「C言語は○×△だし、Javaは今後■※★だから…」と、延々と「初心者にはわからない」返答が返ってくるのではないでしょうか(笑)。

    確かに、どの言語を専攻すべきか、いろんなコードを見てきたプログラマであっても、答えが出せない質問なのです。ここでは、こうすればよいのでは?という「道筋」を述べさせていただきます。

    ずばり、最初に始めやすい言語はHTMLです。
    たかがHTML、されどHTML。一口にHTMLといえど、ほとんどのプログラミング言語に共通して連動するパーツを作れるうえに、最近ではHTML5という高度なプログラミング言語も登場しました。今ご覧になっているページは全てHTMLをベースに作られています。

    更にいうと、そのHTML表示の中にJava、Ruby、PHPなどのさまざまなプログラムが埋め込まれているのが、今日のWebサイトなのです。HTMLには、コードの書き方の基本となる書式が存在します。これを学習してからの他言語の習熟スピードは格段に向上します。

    また、HTMLを通した様々な結果の出力を行えることから、プログラミングすることに対しての「何を作りたいか」の目的が広がったり、プログラミングの基礎を学んだことで、他言語を学習する際のモチベーションが維持できたりします。

    ちょっとプログラムをかじったことがある方であれば、HTML+Java、HTML+Ruby、HTML+PHPという形でプログラミングを学習する方法はいかがでしょうか。

    今まさに現場で行われている技術が殆どこの構成であり、実践的な技術が身に付くことでしょう。
    そして、XMLという考え方も身につきます。XMLとは、プログラムなどを構成する上でのプログラム構成をマッピングしたものであり、各プログラムをひとつのプログラムとして組み込む上でも重要な役割を担います。HTMLの基本となるタグ構成が理解できると、XMLの習熟も格段に向上するのです。

    プログラミングスクールには通ったほうがよいのか


    プログラミングスクールには通ったほうがよいのでしょうか?
    確かに、プログラミングスクールに通う方の習熟速度は、個人で学習するそれよりもかなり早いスピードです。

    なぜかというと、講師による指導により、目的の明確化とベテランによる指示が享受できるからです。
    例えばプログラマを目指す大学生や転職を考えている社会人などの、なかなか時間が取れない方などには大いに役立つはずです。

    先ほども申し上げたように、プログラミングの習熟度は「何をプログラミングするか?という目的を持つこと」と「同じ目的を持った人が介在する」ことによって、何倍も加速します。しかし、プログラミングスクールに通うことによる欠点もあります。

    それは「何をプログラミングするか?という目的を持つこと」に対して、講師が道筋を立ててしまうため、学習する方の認識が薄れ「言われたことをただやっている」という状態に陥る可能性があることです。

    この認識が薄れてしまうと、カリキュラムを終えたときに「自分はいったい何をやっていたのだろう?」という「何も得られていない」状態になる危険があります。これでは、せっかく高いお金を払ってまでスクールに通った意味がありませんね。

    どの世界でもそうですが、プログラミングを学習する上で「プログラミングによって何を作りたいのか?」を自分の中で明確化し、常に意識することが最も重要なのです。「プログラミングスクールはスピード重視の学習が可能」「どんな学習方法でも、目的を常に持って、それを意識することが大切」この二つは覚えておきましょう。

    まとめ

    初心者プログラマがプログラミングの世界に飛び込んだとき「いったい何を、どうすればよいのか?」は誰しもがぶつかる壁です。プログラミングは実にいろんなことができますが、思い悩むハードルが多いのも事実です。あなたがこれを読んだときに、自分に何が必要か、それに向かってどう学習するべきかが少しでもわかることができれば幸いです。よいプログラミングライフを!


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア

    関連ワード

    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE