プログラミング初心者が抑えるべきコツを徹底解説します!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.10.23

    プログラミング初心者が抑えるべきコツを徹底解説します!

    初めてプログラミング学習をする人は、何から始めればいいのか、プログラミングを始める環境はどのように構築すればいいのか、分からないことだらけだと思います。

    しかしプログラミング学習を継続させるコツを抑えておけば、初めてでもプログラミングを習得することは難しくありません。

    こちらの記事ではプログラミング学習を継続するポイント、またおすすめの勉強方法など詳しく紹介します。これからプログラミング学習を始める人は参考にしてください。

    モチベーションを作る・保つポイント2つ

    はじめにプログラミング学習を継続させるために必要なモチベーションを維持するポイント3つを詳しく紹介します。

    プログラミングでつくる成果物の目標・目的を明確にする

    プログラミングとは一体どんなものなのか、知識を習得するためにプログラミング学習を始める人もいるかもしれません。プログラミング学習が必修化されている背景からも分かるように、プログラミング学習の必要性は年々高まっています。

    しかしプログラミングとは、人間がコンピューターに指示を出し、その指示によってコンピューターが働きます。そしてコンピューターに働いてもらい、スマホのアプリやシステムをつくります。

    プログラミング学習は「つくる・構築する」ために必要な学習です。なので学習を始める前に自分がプログラミングで何をつくるのか決めてください。できる、できないを考えずに、とにかく自分のつくりたいものを目標にするのをおすすめします。

    また転職・就職などプログラミングを仕事にする人も、就職、転職をするのに有利な言語を選ぶなど、目的に合わせてプログラミング学習を始めましょう。また自分で一つWebアプリをつくり就職活動を行うのもおすすめです。

    プログラミング勉強仲間をつくる

    プログラミング学習を始めると、基本的にパソコンで学習サイトを見てコードを打ったり、プログラミングの参考書を読んだりして勉強をします。つまり1人で黙々と作業をする時間が多くなります。

    1人で自分が設定した目標に向かって作業を行うことが特に苦しく感じない人はいいのですが、1人でプログラミング学習をつづけるにはある程度忍耐力が必要になります。なので学習を継続させるためにも、自分と同じようにプログラミング学習をしている友人、仲間をつくることをおすすめします。

    プログラミング仲間をつくるには、プログラミングの勉強会やイベントに参加するのがおすすめです。勉強会であれば同じ言語を学習している人に出会えますし、継続的に参加することによって仲良くなりやすいのでおすすめです。

    1人で学習することに行き詰まったら初心者向けの勉強会やイベントに参加することをおすすめします。

    初めて学ぶプログラミング言語は何がいいのか?

    プログラミング初心者が学習を始めるうえで迷うのは学ぶプログラミング言語です。

    現在プログラミング言語は200以上あると言われています。その中から最適なプログラミング言語を選ぶにはコツがあります。つづいてプログラミング言語とは何か、またプログラミング言語を選ぶコツについて詳しく紹介します。

    プログラミング言語とは

    プログラミング言語とは、人間がコンピューターに指示を出すうえで使用する、コンピューター専用の言語です。

    そして何故プログラミング言語に沢山の種類があるかというと、使用する目的によって使う言語が異なるからです。

    データ管理などを行うのであればPython、Ruby、PHPなどが最適なプログラミング言語です。またiPhoneアプリをつくるのであればSwift、Objective-C、AndroidアプリをつくりたいのならC#などが最適です。

    なのでつくりたい成果物、目的に合わせてプログラミング言語は選びましょう。

    学習するプログラミング言語を選ぶコツ

    プログラミング言語を選ぶうえで大切なのは、言語を選ぶ前にプログラミング学習の目的、目標を明確にしておくことです。

    プログラミング言語はそれぞれコンピューターの中でできることが違います。なので自分の目標、目的にプログラミング言語を選ぶ必要があります。

    プログラミングを活用すれば以下のようなものをつくることができます。

    ・Webサイト
    ・iPhoneアプリ
    ・Androidアプリ
    ・ゲーム
    ・IoT(Internet of Things)
    ・AR(Augmented Reality)・VR(Virtual Reality)

    Webサイトをつくりたい人はHTML、CSS、JavaScript、PHP、Rubyなどを選ぶのがおすすめです。iPhoneアプリをつくりたい人はSwift、Objective-C、またiPhoneアプリの統合開発環境であるXcodeの学習が必要です。

    Androidアプリをつくりたい人はJava、そしてAndroid StudioというAndroidアプリをつくる上で必要なデベロッパーツールセットの学習が必要です。

    IoTを開発してみたい人はプログラミングもそうですが、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)など開発に必要なシングルボードコンピューターの使い方を学習する必要があります。

    ゲームをつくりたい人、ARとVRをつくりたい人はunityの学習をしましょう。またunityの中でJavaScript、C#といったプログラミング言語も利用するので、unityの学習が終わったあとに勉強することをおすすめします。

    まずはプログラミング学習をする上での最終目標地点を決めましょう。目標を決めてから学ぶプログラミング言語を決めるのが最適なプログラミング言語の選び方です。

    はじめに何をつくったらいいのか分からないときは、Webサイトをつくってみることをおすすめします。

    プログラミング学習を継続させるおすすめの勉強方法3つ

    プログラミング学習を始めた最初は、エラーが一つ出るだけで解決するのが大変です。また参考書などを読んで学習をつづけていても、なかなか仕組みをできない時があります。

    つづいてプログラミング学習を継続させるおすすめの勉強方法を3つ紹介します。

    自分がプログラミングでつくりたいものを明確にイメージする

    プログラミング学習を始めて、コードを書くようになった段階で、継続するコツがあります。それは作り出す前に完成した製作物を明確にイメージすることです。

    Webサイトやアプリなど、自分のつくりたいものが明確にイメージすることができていればできているほど、自分がまだ書いたことのない言語を書く必要がある時、エラーが出た時も乗り越えることができます。

    明確に完成品をイメージすることで学習を継続でき、一つの製作物をつくることができます。

    エラーの解決方法を書き出す

    プログラミング学習を断念してしまう原因の一つとしてエラーがあります。コードを書いている時にエラーが出て、なかなか自分の力で解決できない時にプログラミング学習を断念してしまう人は多いです。

    独学でプログラミングの勉強をしている人がエラーに遭遇した時、おすすめしたいのが解決方法をパソコンに入っているメモ機能などに書き出すことです。

    漠然とエラーを解決するためにインターネットで解決方法を検索してしまいがちですが、学習を始めて間もないうちは、以下のように解決方法を箇条書きしてから試すのがおすすめです。

    ①:参考書、参考サイトを見直す
    ②:コードを0から書き出してみる
    ③:Qiita(プログラミングの知識を記録、共有するサービス)で検索する

    このようにエラーの解決方法を過剰書きにすることでエラーが解決できる可能性がぐっと上がります。また0からコードを書き直す作業も、意外と学習を始めた最初のうちに忘れてしまう解決方法です。

    一つずつ解決方法を箇条書きにして、エラーを対処しましょう。

    なるべく毎日コードを書くようにする

    プログラミング学習を始めて、コードを記述するようになったらなるべく毎日コードを書き、少しずつでもいいので学習を進めたり、製作物をつくったりするのがおすすめです。

    楽器を弾いたり絵を描いたりするのと同じように、毎日コードを書くことでプログラミングに慣れ、プログラミングの技術も上がります。コードを書くことを習慣にしましょう。

    初めて学ぶ人におすすめのサイト2つ

    ドットインストール

    まずプログラミング学習を始める時に登録してほしい学習サイトが「ドットインストール」です。ドットインストールは動画でプログラミング言語を学習できるサイトです。

    ドットインストールではホームページ制作やサーバー構築、またブログなどを開設する時に役にたつWordPressなど様々な学習を動画で行うことができます。

    ドットインストールは無料でも利用することはできますが、月額980円(税込)のプレミアム会員に登録することで動画から流れている音声が全て文字起こしされたり、レッスンで紹介されているコードを閲覧できたりします。

    ドットインストールであれば初めからプレミアム会員になるのがおすすめです。

    Qiita(キータ)

    エラーを解決したい時や、新しい実装方法などを確認したい時は「Qiita(キータ)」を活用するのがおすすめです。

    Qiita(キータ)とはプログラミングに関連する知識や情報を記録することができ、また共有することができるサービスです。記事の投稿自体も簡単にできるので、プログラミングの学習記録をつけるのもおすすめです。

    またQiita(キータ)では公開されている記事やコードに対して質問を投稿することができます。なので実際に記事を書いた人と交流をとることができ、書いてあるコードについて分からない点、気になる点を質問できます。

    エラーが出た時の解決方法の一つにQiita(キータ)で検索することを入れておくことを強くおすすめします。

    まとめ

    プログラミング学習を始める時に気を付けてほしいのは、継続して学ぶことができる仕組みを自分でつくることです。なので学ぶプログラミングは必ず自分がつくりたいものをつくることができる言語を選びましょう。

    他の分野の学習や練習と同じように、プログラミング学習も継続して行えば必ず習得することができます。少しずつで良いので学習をつづけ、自分のつくりたいものをつくってみてくださいね。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE