プログラマーの求人はどこで探せばいいのか?
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.08.01

    プログラマーの求人はどこで探せばいいのか?

    近年、IT社会と言われるようになり、生活の中でプログラマーのスキルが発揮されているものを多く見かけるようになりました。

    そのプログラマーになるためにはどうしたら良いか、どういうスキルが必要なのか、なにができるようにならないといけないのか、なかなか糸口を見つけられずにいる方も多いのではないでしょうか?本稿ではプログラマーに必要な要素、資質について述べていきます。この記事を読み、次のステップに進めることを願っています。

    プログラマーに必要な業務知識

    プログラマーとは文字通り、プログラミングをする人のことです。ではプログラムだけできるようになれば良いのか?といったら違います。ここではどのような業務知識が必要になるのか、開発工程をごとに見ていきましょう。

    要件定義

    どのようなソフトウェアを作ることになるかを明確化する作業です。実際にお客様と会話してシステム全体像を掴めるように技術的観点から確認していくことになります。

    この工程で要所となるのは性能や制限事項です。性能はスループットやお客様と定めたSLAのことです。また要件を満たすかわりに一部制限せざるを得ないものがあることもしばしばです。こういうことは確実に資料に明記しなければ後になって大きなトラブルに発展することがあります。

    設計工程

    どの設計書を作るかはお客様との契約によりますが、最低必要なのは基本設計、詳細設計でしょう。画面設計、パラメータ設計を詳細設計に含める場合もあります。

    基本設計、詳細設計で特に意識すると良いのはデータの流れです。DFD(Data Flow Diagram)、ER(Entity–Relationship) 図というものがありますが、これが書けるようになることは最低限の目標でしょう。

    DFDはデータの流れ図のことで、どのプログラムでどういうデータが発生し、どのプログラムにデータを渡し、どこでデータがなくなるかを記載します。ER図はデータベース向けの図ですが、どちらもプログラマーが作成することが多く、プログラマーには欠かせない知識でしょう。

    製造工程

    ただ単に自分の好きなようにプログラミングをするのではいけません。何人ものプログラマーでソフトウェアを製造するのならば、コーディングスタイルもまちまちになってしまいます。

    そうなった場合、保守において読みづらさが原因で保守工数がかかることもあります。複数人のプログラマーで共通化したコーディングルールを立て、そのルールのもとでコードを書けるようになる必要があります。

    また製造のインプットは基本設計書、詳細設計書です。自分の頭の中でコードを書くのではなく、設計書通りのコードを書く必要があるため、設計書に読み慣れるということもプログラマーには欠かせない知識です。

    テスト工程

    お客様はこの工程の結果をとても気にされます。近年はテスト漏れによるインシデント発生がニュースになることも多くなりました。例えば、銀行システムの障害により一般利用者がお金を引き出せないということもありました。ニュースにならなくても、お客様からの信頼は失墜し、今後の入札には参加できないという事態に発生します。

    テスト工程では静的コード解析、境界値分析、状態遷移テスト等のテスト技法があります。ただそれらをしらみ潰しにこなすのではなく、基本設計書や詳細設計書、要件定義書から本当に必要なテスト項目を抽出するノウハウが必要です。こういう経験は若いうちから積んでおくと良いでしょう。

    おすすめの資格

    おすすめの資格と概要と併せて紹介します。まずは言語・技術系の資格です。

    基本情報技術者認定試験・応用情報技術者認定試験

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が主催している認定試験です。特定の言語に向けたプログラミング技術には触れませんが、プログラミングに必要な知識が出題されます。

    基本情報技術者認定試験は学習もしやすく、基本を理解できますので未経験の方でもためらわずにチャレンジしましょう。合格できたらさらに一歩上の応用情報技術者認定試験にチャレンジし、対外的に技術を証明できるようにしましょう。

    OCJ-P

    Javaに特化した認定試験です。JavaはWeb系、インターフェース系のプログラムですので、今後そういう方向性のプログラムスキルを磨きたいと思っている方にはぜひ受験していただきたい資格です。

    こちらはBronze、Silver、Goldの資格があります。難易度に合わせ、Bronzeから順に受けていくと良いでしょう。この資格はベンダー系となっています。Oracleは世界的はDBの企業ですが、この資格をとることで世界的にプログラムスキルを対外的に証明できるようになるでしょう。

    C言語プログラミング能力認定試験

    C言語に関する認定試験です。C言語は全てのプログラミングの基本中の基本と言われていますから、初めて習得する言語としてCを学ぶ方が多いでしょう。

    レベルは3級から1級まであります。3級はC言語の概念を理解していること、2級は基本を理解し、小規模のプログラムを書けること、1級はC言語を活用しツール等の応用のプログラムの開発等ができるレベル水準で設定されています。

    言語系試験は他にもいくつかありますので、興味のあるものがあれば受験してみるといいでしょう。

    次はテスト系の資格です。

    JSTQB認定テスト技術者資格

    近年のシステムトラブルではテスト不足が起因となっているものが多くあります。そういう状況から脱却を図るべく、プログラマーのみならずIT技術者のテスト技術の向上を図るべく設けられた認定資格です。アメリカ、イギリス、ドイツのテスト技術者資格と連携している国際的な資格を取り、高度なテスト技術を身につけましょう。試験は夏冬の年2回あります。

    この他にソフトウェア品質分析に役立つ資格があります。

    ソフトウェア品質技術者資格

    ソフトウェア品質はテスト結果で決まるものではありません。テストでバグを潰し、最終的にバグが解消されれば品質が良いということではないのです。仮にあなたがテストをやった結果バグが1件もなかったと報告されて納得しますか?本当に大丈夫かと不安になるに違いありません。

    この資格はソフトウェア品質が本当に良いのかプログラマー自身で分析できるようになるために設けられたものです。初級、中級の資格がありますが、将来的には上級も設けるという動きがあります。試験は年に2回開催されます。

    未経験でもプログラマーになれるのか

    26歳で自衛隊学校を卒業して、未経験でプログラマーとしてSI企業に就職した方もいます。未経験でプログラマーとして就職できないことはありません。

    重要なポイントとしては、未経験でプログラマーになってもその後どのようにプログラマーとして自分を磨いていくかということです。短期間の学習計画ならず、長期的にいつまでに何ができるようになるか、どうなりたいかというビジョン、目標を立てた行動が欠かせません。

    そのためには会社の業務時間にプログラミングをしていても、それだけでは資格取得に向けた学習は十分にはできないでしょう。PJにおけるプログラミングは一人でやるものでなく、チームでプログラムを作り、結合させていくものです。そのため自分の担当領域だけではプログラミングの基本は限定的でしょう。

    なにが重要かというと、会社の業務時間以外(つまり、自分の時間)でもプログラミングの勉強をする必要があるということです。自分の時間、財産(教材費や受験料など)を犠牲にしても学習を積んでいく意気を持つ必要があります。

    プログラマーの求人を探すには

    もし大学や専門学校を卒業して就職しようと思っている方なら、求人情報は探しやすいでしょう。新卒向けの就職エージェントに相談することもできますし、新卒を求めている会社が合同で開く就職フォーラム、合同面接会に行くことで情報を得ることができます。インターネットでも容易に情報を探すことができます。メールマガジンがあれば併せて受信申込しておくと良いでしょう。

    転職しようと思うのなら、転職エージェントの活用が代表的です。転職向けの合同面接会は新卒と比べて数が少ないです。就職エージェントのHPで検索する、友人のパイプつながりで紹介してもらう等の方法があります。本当に興味のある会社があるのであれば、その人事の方とコンタクトを直接取り、友人の有無の確認や企業情報の収集をするのも良いです。

    求人を探そう!

    IT社会と言われている今、プログラマーの求人は多くあります。大手ほど未経験でも就職しやすい傾向があります。自分に合いそうな会社、事業が気に入った会社、社風が好きな会社、会社の特徴はそれぞれ違います。

    まずはプログラマーの求人を探し、人事の方との会社のことについて会話し、情報収集を通して会社のことを知りましょう。そしてプログラマーとして就職し、社会に貢献しましょう。プログラマーとして一人立ちできるように資質を高めていきましょう。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE