エンジニア転職フェアに行ってみよう!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.06.05

    エンジニア転職フェアに行ってみよう!

    エンジニア転職フェアとはどういったものなのでしょうか?ここではエンジニア転職フェアについて見てみましょう。

    転職フェアに行くときのポイント・注意点

    転職フェアに関係したポイントを紹介します。

    転職に対する志望はあるが、WEBで公開されている情報だけでは会社の雰囲気がわかりにくいという人も多いのではないでしょうか?そのような心配を解消してもらえるのが、色んな地域で開催されている転職フェアなのです。転職フェアに足を運ぶことが出来れば、中途社員を必要としている多種多様な会社と直接出会うことができます。

    転職フェアというのは、人材斡旋会社が実施する催し物に含まれるものです。転職希望者から見れば、中途採用者を探している会社のスタッフと、選考とは別でダイレクトに会することが可能な、大事なイベントだと言ってもいいでしょう。

    さらには入退場も制限がないことから、別の予定と調整しやすいといったことも注目すべき点の1つです。選考ではないことから、経歴書を持ち合わせてなくても参加できます。

    場合によっては、入場の時にエントリーシートを用意することが求められますが、会社スタッフと円滑にディスカッションすることを狙ったもので、選考については関係ないです。

    採用担当者と話せる

    各々のブースの中には採用担当者にとどまらず、現実に中途入社で就職し、活躍している実際の社員が来場していることもあり得ます。様々な会社に所属する転職の経験者の談話をダイレクトに聞くことができる機会は貴重です。

    数100社からが出展することもある転職フェアは一気に会社の採用担当者と直に会話ができる点も大きいメリットです。

    幾つもの会社スタッフと対話することによって、今までリサーチしてなかった素晴らしい会社にめぐり会うかも知れません。積極的に何種類もの会社の社員と対話してみてはいかがですか?

    加えて、企業ブースは業種で分類されていることが大半です。転職を行いたい会社が明確に確定されていない方も、関心を寄せる職種や、現段階で属している業種に足を運ぶことができば、転職の方向性をイメージできるようになる可能性があります。

    企業に色んな質問が出来る

    転職フェアは採用試験の形態ではないです。選考が関係している面談などとは異なり、ざっくばらんに転職に関係した質問事項や労働条件といった系のものに対して聞けます。転職フェアの他で、応募意思や選考とは関係なしで、あちこちの企業からコメントを聞くことができる機会は数少ないです。

    相談時点では応募意欲が見られることはないため、本命以外の関心を持っている会社や、本命と業種が同じライバル企業担当者の話を聞くこともできます。

    転職活動のやり方をレクチャーしてくれる

    転職フェアに設置されているブースは、会社が出展を行っている物だけじゃありません。多種多様な転職フェアになると、開催する紹介サービス会社のコーナーが設置されてあって、応募書類の記載方法のテクニックや自己分析のやり方、転職相談が可能なコーナーもあります。

    他の仕事に就きたいけれども、何処からやり始めて良いのか見当が付かないという方は、一番初めにここに足を運んでみてはどうでしょうか?なんとなく転職に向けての心配のある人や、転職活動の手法が皆目わからないといった人の心配は、この機会に克服できるかも知れません。

    それでは有意義に転職フェアを利用するためのコツを見てみましょう。

    質問を用意

    先ほどの内容でも挙げた通り、転職フェアだと会社の人事担当者や社員と直に面談することができます。

    しかし企業サイドの語りを聞くのみでは、時間をかけて出向いた価値がないというものです。転職フェアに出掛けるに先立って、最初から会社側に質問したい疑問を、少なくても3~5個ぐらいは熟考しておくことをおすすめします。

    サンプルとして過去に本命企業の会社の代表が受けた、ニュースの取材の文言を挙げ、更に詳細を尋ねたいと話を切り出すこともオススメです。

    転職フェアその日に、条件に沿った会社がプレゼンテーションや企業解説していたなら、その内容を深掘りしておく質問を投げかけることもひとつの手です。

    何ヶ所もの会社に同じ質問を行なって、解答を対比するのもよいのですが、本命企業が出展を行っている場合は、WEBサイトや企業案内ではわかりにくい部分を聞くことができるように質問を準備しておくことが大切です。

    身だしなみを整える

    有名転職サイトのフェアは、基本として身なりは自由ではありますが、多くの方はスーツを身に付けております。

    ただ、残念なことに靴が汚れた方を数多く目の当たりにします。靴はできる限り清潔に磨いた物をはいていくことが重要です。

    事前登録を忘れずに

    多数の転職フェアでは入場時にエントリーシートといった様な書類の記載が求められます。そのようなシートは、以前からウェブ上等々より書くことができるものが多いです。遅れることなく入場するべく、事前登録しておいて、必要な書類の記入完了しておくといいでしょう。

    各転職サイトに登録しておいて、メールマガジンなどを受け取っていると、転職フェアに対してのEメールがやって来ることから、機会が分かるというポイントでは使えます。

    【関連記事】
    プログラマーの求人はどこで探せばいいのか?

    転職フェア当日の流れ

    会場入場以降はお目当ての会社のブースを訪れたり、転職フェアスカウトサービスやセミナー、キャリアディスカッションコーナーだったり転職に役立つ様々なコーナーが用意されているので、自由に見て回りましょう。ただし、参加企業が多い場合はある程度会社を絞って置いたほうが、効率よく見て回れます。

    おすすめエンジニア転職フェアの探し方

    各転職サービス会社の運営している転職サイトに登録しておけば、近所で転職フェアが開催される場合に、Eメールで連絡があります。まずは転職サイトに登録しましょう。

    まずはフェアに行ってみよう!

    いかがでしたでしょうか? 転職フェアは採用担当者と選考とは無関係に話ができる数少ない機会です。ぜひ参加してみましょう!


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE