セールスエンジニアの求人の探し方と求められる能力とは?
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.05.22

    セールスエンジニアの求人の探し方と求められる能力とは?

    セールスエンジニアの求人はどうやって探したら良いのでしょうか?ここではセールスエンジニアの求人について見てみたいと思います。

    セールスエンジニアの仕事内容

    セールスエンジニアは営業とITエンジニアの両方の資質を持つエンジニアです。通常の営業マンではコンピューターシステムの営業を行う際に様々な不具合があることから生まれてきた職種です。その仕事内容を見てみましょう。

    商談

    商談自体は営業と変わらないのですが、商材がシステムなのでIT関係に精通している必要があります。また新規作成の場合はその仕様から製造コストや会社の利益を加味し受注契約に至るまでの道筋を立てるので、プロジェクトマネージャー的な資質も求められます。受注契約の段階で仕様が曖昧なままだとその後の工程に悪影響を与えるばかりか自社の利益を損ねるので、コストの計算と仕様の洗い出しには特に注意が必要となります。

    導入支援

    システム導入に際し顧客会社の社員にシステムの使用方法を説明したり、導入テストに立ち会ったり、導入支援業務もセールスエンジニアの業務になります。

    アフターサポート

    アフターサポートもセールスエンジニアの仕事です。「突然システムが動かなくなった見て欲しい」など売った後のサポートも重要な仕事です。企業によっては専任を立てる場合もあります。

    おすすめセールスエンジニア求人の探し方

    学校の就職課(キャリアセンター)

    もし学生なら学校の就職課を活用しましょう。就職課では履歴書など採用選考書類の書き方の添削。面接時の服装や質問応答の指導など就職に関する様々なサポートが受けられます。これを利用しない手はないので是非有効活用しましょう。

    転職エージェント

    自分の代わりに企業に応募してくれたり給与面での折衝をしてくれたりします。転職エージェントは企業の採用担当者からも必要とされる人材の情報を得ているので、転職エージェントが勧める求人情報は企業とのマッチング率が非常に高いです。仮に面接で落ちても落ちた理由を企業の採用担当者から聞き出してくれるので次の面接に活かせます。直接転職エージェントと面談し、転職条件や持ってる技術、経験を基にしたアドバイスが貰えます。履歴書や職務経歴書の添削もしてくれます。転職するためのセミナーを定期的に開催しています。プロの転職エージェントがお勧めの仕事を紹介してくれます。

    転職・求人サイト

    スマートフォンからでも最新の求人がチェックできます。ただし応募方法はその転職・求人サイトごとに違ってくるのでよく確認しましょう。総合系・人材派遣系など様々な職種に分かれ転職・求人サイトがあるのでIT系統で探しましょう。メリットはやはりお手軽なことです。

    ハローワーク

    公共機関なので信用が高く斡旋力は侮れません。また面接対策や履歴書や職務経歴書の書き方なども教えてくれます。最近ではそのハローワークの担当地域だけでなく全国にあるハローワークに寄せられた求人全てを閲覧できます。インターネットサービスも行っており、転職・求人サイトのような使い方で求人を探すことも可能で、地方から首都圏の求人を見ることも可能ですし、都内から地方へのUターンも可能で、その場で紹介状を発行して貰うことも出来ます。また、あまり知られていませんが在職中でもサービスが利用できます。

    紹介予定派遣

    メリットは実際にその会社で働けるので会社の仕事内容や雰囲気を知ることが出来ます。特に人間関係は実際にその職場で働いてみないと分からないものです。デメリットは必ずしもその企業に就職できるとは限らない点です。企業側の意向で断られる可能性もあります。しかし派遣期間は試用期間と見なされるので、再度試用期間を設けられることはありません。紹介予定派遣とは一定期間派遣社員として働きその企業が気に入った場合はそのまま就職できる制度です。

    ヘッドハンティング

    学歴・職歴や実績に自信がある人向きのサービスです。これはレジェメという履歴書・職歴書を転職・求人サイトに登録しておくと企業の採用担当がその内容を閲覧し、気に入った人をヘッドハンティングするのです。いくつかの転職・求人サイトでは企業側からのスカウトも受け付けています。逆に学歴・職歴があまり芳しくないと全くヘッドハンティングされないということにもなりかねません。あくまでも補助的な方法と割り切って利用するのが良いでしょう。

    フリーペーパー

    地域密着型である場合が多いです。フリーペーパーにしか掲載されていない求人もあるので、手にする機会があればチェックしてみましょう。求人情報が箇条書きで掲載されている場合が多く、紙媒体なので比較検討に向きます。大企業の求人はなかなか掲載されていないという難点もあります。他にもフリーペーパーごとに得意分野があるのでIT企業を多く取り扱うフリーペーパーがおすすめです。

    セールスエンジニアに必要な能力・スキル

    プレゼンテーションスキル

    製品となるシステムの特徴や競合品に対しての優位性などをアピールするプレゼンテーション能力です。SEでもシステムの説明をするのにプレゼンテーション能力は必要ですが、相手がクライアントということが大きな違いです。わかり易い言葉で自分の主張を確実に相手に伝えることが大事になります。また営業の方ならプレゼンテーションの経験はあると思いますが、自社製品や自社が作るシステムの説明を正しく行うにはITの知識やスキルが必要になります。

    コミュニケーションスキル

    営業マンには必須レベルのスキルですが、ITエンジニアにも必要なスキルです。コンピューターシステムというのはエンジニア1人で作り上げるものではなく、大規模システムになると数100人単位のエンジニアがひとつのシステムに対して製造を行います。この上で必要になるのが相手との確かな意思疎通を行うコミュニケーションスキルです。認識のズレは直ぐ様不具合となって現れます。これを無くすにはコミュニケーションスキルがITエンジニアにも必要になってくるのです。

    ヒアリングスキル

    これも営業マンにもITエンジニアにも必要なスキルです。人というのは本当に問題となっている核心の部分にはなかなか触れられたくないものなのですが、集権情報を把握しながら相手との関係を保ちつつこれを上手に聞き出さなくてはなりません。テクニック的な面も必要となるのですが、重要なのはやはり相手との信頼関係の構築でしょう。双方共に話しやすいムードを作る事も大切です。

    クリエイティブスキル

    クライアントの課題や問題を一緒になって考え新たなシステムを構築する能力です。問題解決能力とも呼ばれますが、より具体的に解決策を提示することが求められます。

    エンジニアリングスキル

    ITエンジニアとしてのスキルです。クライアントの交渉担当がITエンジニアであることも少なくなく、様々な専門用語が飛び交います。この時に相手と同等のITにおける知識が必要となります。営業マンからセールスエンジニアを目指す場合のネックとなる部分です。

    セールスエンジニアの労働環境

    企業により大きく異なるのですが、一般的に営業マンと一緒で外出や出張が多いです。これは相手の企業に赴いて商品となるシステムの説明を行うことが主な仕事内容となるからです。

    セールスエンジニアの平均年収・給料

    「@type」によると新卒から若手の20代で年収380~430万円。中堅クラスの30代で年収550~600万円。40代で年収590~640万円になります。

    求人を探してみよう!

    いかがでしたでしょうか? セールスエンジニアは営業とITエンジニアの両方の資質を持つエンジニアで仕事内容は営業マンに似ていますがITに深い知識とスキルが必要という点でエンジニアと呼ばれています。求人を探すには学生なら就職課。学生以外なら転職エージェントを活用することを軸に求人転職サービスやハローワーク、紹介予定派遣などを探してみると良いでしょう。

    セールスエンジニアの求人を早速探してみましょう!


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ・ポテパンフリーランス
    フリーエンジニア向けの案件紹介サービス

    ・ポテパンキャリア
    エンジニア職専門の転職エージェント

    ・ポテパンキャンプ
    転職サポート付きプログラミングスクール

    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE